藤田 真未
目指すは“縁の下の力持ち” 「ありがとう」と言ってもらえる存在に。目指すは“縁の下の力持ち” 「ありがとう」と言ってもらえる存在に。
入社のきっかけ
未知の業界へ
チャレンジしたのは
親近感が持てたから。
藤田 真未
前職は会計・税務・給与計算などのアウトソーシングを請け負う会社で、クライアント企業の会計や申告業務、労務手続きなどに携わっていました。転職に当たっては、経理の経験を活かすことは当然としても、どのような業種、会社を選ぶかは迷っていました。自分の興味が持てる事業がいいなと考えていたところ、当社の存在を知りました。『コピス吉祥寺』や『横浜赤レンガ倉庫』を運営していることを知り、どちらの施設にもよく出かけていたので、生活に密着した不動産に携われるのは楽しそう! と一気に親近感が湧きました。未知の業種を経験できるワクワク感に加え、面接でお会いした部長の笑顔が入社の決め手になりましたね(笑)。
藤田 真未
現在の担当業務
営業活動を止めるな
他部署からの会計、
税務の相談を最優先に。
藤田 真未
2016年5月の入社以来、一貫して経理畑を歩み、決算、税務、資金繰り管理、予算管理など、会計・税務周りのさまざまな業務を経験しています。当社は三菱商事の連結子会社のため、四半期ごとの決算スケジュールはかなりタイト。親会社の三菱商事、そして子会社の横浜赤レンガ倉庫とも密接に連携して、正確な決算締め、税務申告を遂行できる体制を整えています。不動産業界の会計は特殊性があり、慣れるのに少し時間が掛かりましたが、「こんな論点があるのか…」と会計も税務も、当社に入社して経験したこと、理解できたことが多く、経理パーソンとしての成長を実感できています。

また、決算実績だけでなく、予測数値も反映する毎月の取締役会報告資料など、経営に必要な情報をまとめ、報告することも私の重要な業務です。予測精度を高めるためには、他部署とのコミュニケーションは欠かせません。

私が他部署の皆さんにヒアリングするのと同様に、他部署、特に営業部門の皆さんからは、会計・税務面での相談を頻繁にいただきます。新規プロジェクトで「こういうスキームを検討しているけど、税務上のリスクは?」「この取引は寄附扱いになる?どこを工夫すればそのリスクは低減できる?」といった難しいものから「貼るべき印紙の金額は?」などまで…。私がその場で回答できるものもあれば、持ち帰って部として検討しなければならないものもあります。その場合は財務経理部のメンバーと相談し、アドバイスをもらいながら回答の方向をまとめたり、内容次第では外部の税理士法人に依頼したり。最終的には部長に承認をいただいてから相談者にフィードバックします。決算時期などで自身の業務が多忙な時でも、他部署からの相談はできるだけ優先して対応するよう心掛けています。相談事が解決しないことには、営業の皆さんの業務が前に進みません。私自身が営業活動に携わることはなくても、「コーポレート部門の一員として、営業の皆さんをサポートする」思いは強く持っています。皆さんからの相談に対応していく中で、新しい学びを得て、経験値が上がっていくことを実感しますし、「その説明でよくわかりました」「ありがとう」という言葉が、私の一番のやりがいです。
藤田 真未
職場環境と働きがい
もっと会社を良くしたい
積極的な視点で
皆が取り組む。
藤田 真未
当社社員の皆さんは、役職に関わらず、気さくで相談しやすく、コミュニケーションが取りやすいのでとてもありがたく思っています。経理をはじめとするコーポレート部門では、日々のルーティーン業務以上に、もっと部門や会社を良くしたい、こうしたら良くなるのでは?という積極的な視点が求められますし、当社はそれが採用される風土です。より良い会社を目指すため、さまざまなテーマのタスクフォース(TF)が組成されており、私は働き方改革のTFに参加しました。また、部内プロジェクトとしては経理業務のペーパーレス化にも取り組みました。伝票処理をペーパーレスで対応する仕組みを導入し、コロナ禍での在宅勤務期間中に滞りなく決算業務をやり遂げることができたことは大きな前進と感じています。

経理、特に決算関係の業務は、細かい数字を追いながら、根を詰めて取り組まなければならない時があります。普段はオフィスフロアの自分のデスクで作業をしますが、1人になって周りを気にせず集中して取り組みたい時は、共用スペースのデスクや、1人になれる集中スペースで作業することも。そのほかにカフェスペースもあり、コーヒーやお茶、お菓子などが無料でいただけるんです。気を張りつめた仕事が一区切りついた時、私はここに来て、お茶を飲んで気分転換。フレックスタイムや在宅勤務の活用はもちろんですが、カフェスペースや多様なワーキングスペースを用意しているところにも、当社は社員の効率の良い働き方を考えてくれているんだなぁと思います。
藤田 真未
藤田 真未
MY MCUD WORKMY MCUD WORK
当社にはさまざまな経歴を持った社員が在籍しています。社員の皆さんとの会話では、不動産はもちろん、私の知らなかった業界の話が聞けて、大いに刺激を受けています。私自身も、会計知識のブラッシュアップや毎年のように改正される税制のキャッチアップなど、知識の向上には貪欲です。そして、最近は外国法人が関わる案件も増えているので、英語の勉強にも取り組みたいな…と考えています。

上に立って引っ張っていくよりも、誰かの仕事を支えていく方が私の性格には合っている気がします。これからも他部署の人に頼られ、「ありがとう」と言ってもらえる“縁の下の力持ち”的存在となって、会社の成長を支えていきたいと思っています。
PAGETOP