藤井 康志
幅広いアセットに携わりながら、エンジニアの立場で、プロジェクトマネージャーを育てる誇り。幅広いアセットに携わりながら、エンジニアの立場で、プロジェクトマネージャーを育てる誇り。
エンジニアリング統括室の役割
開発営業を
技術面でサポート。
藤井 康志
私の所属するエンジニアリング統括室(エンジ室)のミッションは、端的に言えば「技術面から営業部門をサポート」することです。当社では、土地のソーシングやテナントリーシング、さらには社内承認の取得、プロジェクト全体のマネジメントといった役割は営業部門が担います。しかしプロジェクトを推進する営業部門のメンバーでも、建築分野に関しては専門ではないことも。彼らが「こういう土地を調達して、こんな建物を造ろうと考えているんだけど…」と相談に来た時から、私たちの仕事は始まります。企画から設計、施工、運営フェーズまでのさまざまなプロセスにおいて、建築技術のプロフェッショナルである私たちエンジ室のメンバーが、技術面からサポートを行います。基本計画の段階から、見積要項書の作成、見積書や提案書の検証、そして基本設計、実施設計、着工後の工程管理や品質管理など、プロジェクトの進捗に合わせて、営業部門のメンバー──主にプロジェクトマネージャー──に助言します。メリットとデメリット、コスト面なども総合的に考慮して、どのような建物を造り上げていくべきか。あくまでも決定権は、社内外の関係者の調整を担うプロジェクトマネージャーにありますが、技術の側面から適切な助言を行うことで、彼らと一体となってプロジェクトを推進しています。

テナント様との会議にも同席することもあります。テナント様のご要望を受けて、実現可能な提案を行ったり、将来のメンテンナンスを見越した仕様変更の交渉を行ったり、場合によってはデザイン的な事を逆提案する事もあります。イニシャルコストを抑えれば、収益は上がるのは自明ですが、それで不具合が出ては本末転倒です。コストと効果のバランスを考え、予算の範囲内で最良の収益不動産を開発できる方法をプロジェクトメンバーと一緒に考えています。
藤井 康志
当社でのやりがい
エンジニアとしての
新たなチャレンジ。
藤井 康志
当社入社前、私はゼネコンの建築技術者、商業施設デベロッパーの建設部門など、建築畑を長く歩んできました。それまで培ってきた知識と経験を活かして、新たな開発にチャレンジしてみたいと考えていた時、幅広いアセットを手掛けている当社と出会いました。「MARINE & WALK YOKOHAMA」へ足を運び、「面白いものをつくる会社だな」と思ったことや、当時注力し始めていた物流施設の開発にも大いに興味が湧いたことも、入社の決め手になりました。

当初の配属は営業部門で、何度かの組織変更を経てエンジ室という技術者だけの独立した組織ができました。しかし、建築技術者としてプロジェクトのサポートを行う私のミッションは一貫しています。企画から建設フェーズまで、プロジェクト全体の技術支援や共同事業者、テナントとの調整、運営中案件の技術支援に加え、現場に足を運んで品質検査も行います。スケジュールやコスト、建物の仕様決定については、ある意味プロジェクトマネージャーに近い仕事も担いますし、現場でゼネコンへ安全指導を行うことも。更地から新規開発を進めていく中で、これまで培ってきた知識や建物への考えを仕様等に反映できること。そして、自分の知恵と汗の結晶とも言える作品が何十年も残っていくことに、エンジニアとして大きなやりがいと喜びを感じています。

エンジ室のメンバーは室長以下総勢7人。1人が5~6案件の技術支援を担当しています。当社が手掛けるアセットは物流施設や商業施設にとどまらず、オフィス、マンション、複合施設、そして都市開発へと、その幅はますます広がっています。

また、収益不動産開発においてもサステナビリティの観点がますます重要になっています。それを受けて、例えばリサイクル資材の使用や自然エネルギーの利用、地域・コミュニティへの配慮など、環境に配慮した開発をどのように進めていくかの検討も積極的に取り組んでいます。これも、当社に入社したからできた新たなチャレンジです。
藤井 康志
成長への支援
プロジェクトマネージャーに
新たな経験を。
藤井 康志
当社のプロジェクトマネージャーは比較的若手で、不動産開発経験の浅い人もいます。一方で、エンジ室には経験豊富なベテランが揃っています。プロジェクト立ち上げから運営開始まで、私たちが技術面で一貫して関わり、積み上げてきた知識や経験を、若いプロジェクトマネージャーたちと一緒に働きながら伝え、彼らの成長をサポートすることも、私たちエンジ室の重要なミッションの一つです。若いプロジェクトマネージャーが建設現場に足を踏み入れると、これまで見たことのない工事がたくさん行われています。それらの工事を私たちが分かりやすく説明し、彼らに理解してもらう。現場を知るのと知らないのでは大違いですし、この経験を次のプロジェクトに活かしてほしい。そんな思いで接しています。

会社の成長を支えるプロジェクトマネージャーの成長をサポートする──エンジ室のメンバーは、その自負と責任感を持って日々の仕事に取り組んでいます。
藤井 康志
藤井 康志
MY MCUD WORKMY MCUD WORK
担当案件が増えて忙しい毎日を過ごしていますが、当社の働き方に関する制度をフルに活用して、オンオフのメリハリがついた生活ができています。私はサーフィンが趣味で、週末はもちろん、平日の早朝に海へ出かけ、帰宅後にリモートワークで業務を始めることも。ゼネコン時代は土日勤務も多く、趣味を持つことが難しかったのですが、当社ではそれが実現できています。フレキシブルな働き方が可能なので、趣味だけでなく宅建──会社では取得が推奨されています──などの資格取得の勉強に充てることもできます。自分でタスクや業務スケジュールを考え、自らの意志で業務を進められるのもエンジ室の魅力。当社はこれからもチャレンジを続け、社員と共に成長する会社であり続けます。私もその一員として成長を実感し続けています。
PAGETOP