永田 巧
全員が先生、全員が生徒。知識の共有と忌憚ない意見交換で会社と社員が共に成長する。全員が先生、全員が生徒。知識の共有と忌憚ない意見交換で会社と社員が共に成長する。
MCUD入社のきっかけ
新たな分野で
自分の力を試したい。
永田 巧
マンションデベロッパーから私募ファンドの組成・運用事業会社を経て、2015年に当社へ入社しました。私募ファンド専業の前職在籍中から、ものづくりの楽しさ、自分が求める不動産の川上から携わり、かたちにする喜びを再び味わいたくて、デベロッパーをやりたいとの思いが募っていました。入社前、知り合いの当社社員と話をする機会がありました。その頃、当社は商業施設が中心で、物流施設への取り組みはまだ始まったばかり。そこに成長性を見出したことと、物流施設のみならず、検討できるアセットクラスに多様性があることに魅力を感じました。そして、私の得意とするソーシング(用地取得)力を、当時まだ発展途上の当社で試してみたい。そんな思いもありました。
永田 巧
現在の担当業務
一つの目的に向かって、
多様な人材を束ねる。
永田 巧
現在、私は不動産開発担当執行役員補佐 兼 開発第二部長の任に当たっています。不動産開発担当執行役員補佐としては、当社のソーシング戦略を担当。これは、土地の査定というより、目的を達成するためにどのようにしたらこの土地を仕入れられるかという戦略を練ります。また、開発第二部では、商業施設や複合ビルなどを中心とした用地仕入、開発推進、リーシング、そして売却を、10人の部員と共に担っています。当社の生業は総合デベロッパーですが、扱うのは収益不動産、すなわち金融商品の一つです。デベロッパーの観点で街づくりを行い、金融の観点でマーケットをにらみながら利益追求を目指す。この2つの観点をバランスよく実現させることは、難しさもありますが、同時にやりがいも感じています。
永田 巧
マネジメントとして
皆でサポートし合える
環境づくり。
永田 巧
マネジメントの立場から見る当社の特徴は、多種多様なバックグラウンドを持った社員が集まっていることです。社員の前職は専業デベロッパーだったり、金融関係だったり、建設関係だったりとさまざま。皆がプロフェッショナルとして、経験に基づくプライドを持って仕事をしています。それぞれが持つ不動産の目利き力を結集し、一つのベクトルへ向けていく。それはマネージャーとして難易度の高いチャレンジです。「収益不動産の開発」という同じゴールを目指すに当たって、ある人はこうしたらいいと言い、またあるメンバーは「こういった戦略でバリューアップを狙うべき」など、さまざまな意見が飛び交います。こうした意見を集約して価値を最大化することが、マネージャーの腕の見せ所でもあります。そこで部のメンバーに話しているのは「自分はこう思うけど、意見があれば忌憚なく言ってほしい。そしてより良い案があれば、それを皆でブラッシュアップしていこう」ということ。多種多様なバックグラウンドを持つ社員同士が敬意を払い、情報ソースを広く共有して常に協調性を意識し、仲間をサポートする意識を育むことが大切だと私は考えています。活発な意見交換の中で「永田さん、それは違うと思います」というのも全く問題ないし、むしろ大歓迎なんです。人の能力を可視化する時などに使われる六角形のレーダーチャートがあるとすると、当社社員にはきれいで大きな六角形を示す人は実は少なくて、三角形だったり四角形だったり、中でも一部分だけ突出している人が集まっていると考えます。全員が大きな六角形ならば理想ですが、それはなかなか難しい。そこでいろいろ違う形の三角形や四角形を重ね合わせた時に大きなバランスの良い六角形になればいいと思うのです。メンバーが持っている知見や経験を共有し、自分のものとしていった結果、大きくてきれいな六角形になっていけばいい。私はそう思っています。だから、部のメンバーには、お互いに敬意を払い、「全員が先生であり、全員が生徒である」関係を築けるようなチーム作りを心掛けようと話しています。そこには、年齢・役職は関係ありません。

「メンバーの意思決定を促し、尊重する」──これが部の運営に当たる私のポリシー。「忌憚なく意見を言った」後にそれを全否定してしまっては、メンバーは委縮してしまいます。だから、自分たちで決めたことは、たとえ私が「ちょっと違うかな」と思っても、大きな方向性がズレていなければやらせてみるという姿勢を取っています。そのプロセスの中で、困ったことや、行き詰った時には助け船を出す。私が直接サポートすることもあるし、部の仲間が支えてくれることもある。営業は成績(=数字)で評価されることが常。だから自身の数字へのこだわりが大切なのはもちろんなのですが、それだけになってしまうと、協調性や仲間意識が薄れてしまいます。「仲間へのサポートもちゃんと見て評価している」ことは、部下たちに伝えています。
永田 巧
永田 巧
MY MCUD WORKMY MCUD WORK
さまざまな分野で不動産に関する目利き力を持っているメンバーをまとめ、彼らの知見を存分に発揮できる環境づくりが私のミッションですし、それが可能な土壌が当社にはあります。当社は収益不動産開発において、まだ手を染めていない、あるいは染めたばかりで規模がまだまだ小さいアセットクラスが多く存在しています。不動産業界、そして会社を取り巻く環境変化が加速する中、これらの分野をどんどん伸ばし、不動産に新たな価値を創造しながら、会社と社員が共に成長していく関係を築いていきたいと思っています。
PAGETOP