藤沢市との基本協定を12月26日に締結

三菱商事都市開発株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田村将仁、以下 三菱商事都市開発)は、三菱商事都市開発を代表企業、三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中西勝也、以下 三菱商事)を構成員とする企業グループとして、2023 12 26日、藤沢市による公募事業「村岡新駅周辺地区官民連携一体施設整備等事業」事業検討パートナーに係る基本協定書を藤沢市と締結したことをお知らせします。

事業の経過及び協定の目的

藤沢市は、JR東海道本線の新駅が設置される村岡新駅周辺地区において、駅前に有する市有地を最大限に有効活用するとともに、民間の活力や民間等との共創を実現できる官民連携手法により研究開発拠点の整備(村岡新駅周辺地区官民連携一体施設整備等事業、以下「本事業」)を行うこととしておりました。

同市は本事業について、事業継続性やノウハウを含めた民間の意向等を踏まえて、官民の共創による研究開発拠点の形成を進めるため、事業予定者を選定する事業者公募に先んじて、継続的に市と競争的対話を行い事業者選定の公募条件等の検討を進めるパートナーの公募(事業検討パートナー公募)を実施しました。

これに対して、20231114日、三菱商事都市開発、三菱商事は募集要項に基づいて提案を行い、選定委員会の審査により20231212日、事業検討パートナー予定者に選定され、20231226日、藤沢市と「村岡新駅周辺地区官民連携一体施設整備等事業 事業検討パートナー公募に係る[競争的対話に関する]基本協定書」を締結しました。

本協定は、当企業グループが事業者公募に向けたパートナー予定者に選定されたことを確認し、藤沢市と共に本事業の条件を調整するために必要な協力をしていくことを目的としており、募集要項に基づき、本協定書締結により当企業グループは事業検討パートナーとなりました。

基本協定締結日

2023年12月26日

開発対象地

所在地 藤沢市村岡東一丁目(募集要項より抜粋)
面積 全体約3ha(募集要項より抜粋)