12月1日、3棟の物流施設開発に同日着手

三菱商事都市開発株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:田村 将仁、以下「三菱商事都市開発」)と、香港を拠点とする投資グループPhoenix Property Investors(所在地:東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエア イーストタワー3階、代表者:林 大介、以下「Phoenix」)は、初の共同事業として2023年12月1日、3件の物流施設開発に着手したことをお知らせします。

「(仮称)MCUD・ZIPひょうご東条」 「(仮称)MCUD・ZIP大阪平野」 「(仮称)MCUD・ZIP静岡掛川」
「(仮称)MCUD・ZIPひょうご東条」 「(仮称)MCUD・ZIP大阪平野」 「(仮称)MCUD・ZIP静岡掛川」

事業概要

本事業は、三菱商事都市開発が手掛ける物流施設「MCUD LOGISTICS」とPhoenixが手掛ける「ZIP」シリーズによる初の共同事業として、関西圏2棟、中部圏1棟の総延床面積約27,000坪の物流施設開発を行います。案件の組成から開発を三菱商事都市開発が中心となり推進し、開発後はPhoenixが運用を行います。
三菱商事都市開発とPhoenixは、テナントや投資家のニーズに沿った優良な不動産を収益不動産市場に提供すべく、開発事業を行ってまいります。

MCUD LOGISTICS シリーズについて

MCUD LOGISTICS
MCUD LOGISTICS

青色と赤色の2色で表現したブランドシンボルマークは、人間の身体の隅々に血液を送り届ける動脈と静脈の血管をイメージしており、物流が社会に価値を送り届ける経済のインフラ事業として、重要な責務を担っていることを表現しています。

ZIP シリーズについて

ZIP
ZIP

ZIPには梱包する、迅速に動く、郵便番号(ZIP Code)という意味があります。いつなんどきも運送物を大切に正確に素早く送り届けることを名前とロゴに込めました。

物流施設「(仮称)MCUD・ZIP」開発計画概要

(仮称)MCUD・ZIP ひょうご東条 兵庫県加東市南山6丁目6-8
(仮称)MCUD・ZIP 大阪平野 大阪府大阪市平野区加美南3丁目59番 他
(仮称)MCUD・ZIP 静岡掛川 静岡県掛川市長谷字小出ヶ谷1319-51 他

(仮称)MCUD・ZIPひょうご東条

「(仮称)MCUD・ZIPひょうご東条」外観イメージ
「(仮称)MCUD・ZIPひょうご東条」外観イメージ

立地特性

「(仮称)MCUD・ZIPひょうご東条」は、中国自動車道ひょうご東条IC至近のひょうご東条インターパーク内にあり、 24時間稼働・多頻度配送などに対応可能な事業運営がし易い環境に立地します。また、中国自動車道、舞鶴若狭自動車道、山陽自動車道、六甲北有料道路等、複数の高速道路ネットワークによる姫路・中国方面、神戸・大阪方面への都市間輸送(神戸市中心部へ約40分、大阪市中心部へは約50分)に加え、播磨や神戸周辺への県道・国道を利用した地域配送も可能です。

「(仮称)MCUD・ZIP 兵庫東条」開発計画概要

所在地(地番) 兵庫県加東市南山6丁目6-8
交通 中国自動車道「ひょうご東条IC」約0.5㎞
敷地面積 17,820㎡/5,390坪(予定)
延床面積 18,287㎡/5,531坪(予定)
構造規模 鉄骨造地上2階建
設計・施工 青木あすなろ建設株式会社
竣工時期 2024年秋(予定)
「(仮称)MCUD・ZIPひょうご東条」周辺地図
「(仮称)MCUD・ZIPひょうご東条」周辺地図

(仮称)MCUD・ZIP大阪平野

「(仮称)MCUD・ZIP大阪平野」外観イメージ
「(仮称)MCUD・ZIP大阪平野」外観イメージ

立地特性

「(仮称)MCUD・ZIP大阪平野」は、大阪市内陸に位置し、近畿自動車道「八尾IC」まで約2.0kmと近畿圏広域の交通利便性に優れ、関西圏の最大消費地である大阪都心区への近接性・配送利便性の高い立地です。また、JR百済貨物ターミナル駅から約4.5kmとモーダルシフトの観点からも優位性があります。更に最寄り駅であるJR関西本線「加美駅」、JRおおさか東線「新加美駅」の2駅から徒歩圏にあり、周辺人口も多く雇用確保の面でも恵まれた環境に所在しています。

「(仮称)MCUD・ZIP大阪平野」開発計画概要

所在地(地番) 大阪府大阪市平野区加美南3丁目59番他
交通 近畿自動車道「八尾IC」約2.0km
JRおおさか東線「新加美駅」約1.0km
敷地面積 10,192㎡/3,083坪
延床面積 19,714㎡/5,963坪(予定)
構造規模 鉄骨造地上4階建
設計・施工 西松建設株式会社
竣工時期 2025年春(予定)
「(仮称)MCUD・ZIP大阪平野」周辺地図
「(仮称)MCUD・ZIP大阪平野」周辺地図

(仮称)MCUD・ZIP静岡掛川

「(仮称)MCUD・ZIP静岡掛川」外観イメージ
「(仮称)MCUD・ZIP静岡掛川」外観イメージ

立地特性

「(仮称)MCUD・ZIP静岡掛川」は、JR東海道本線「掛川」駅から約2.3km、東名高速道路「掛川」ICから約3㎞に位置し、主要幹線道路である国道1号へのアクセス性にも優れた物流拠点ニーズの高いエリアです。また、首都圏・関西圏ともに約200〜300km圏内と広域配送に対応可能なことに加え、トラックドライバーの2024年問題への解決策の一つとして、両都市圏から約8時間で往復可能な中継用物流拠点としても利用可能です。

「(仮称)MCUD・ZIP静岡掛川」開発計画概要

所在地(地番) 静岡県掛川市長谷字小出ヶ谷1319-51他
交通 東名高速道路「掛川IC」約3.0km
JR東海道本線「掛川駅」約2.3km
敷地面積 24,210㎡/7,323坪
延床面積 52,410㎡/15,854坪(予定)
構造規模 鉄筋コンクリート造+鉄骨造地上4階建
設計・施工 鈴与建設株式会社
竣工時期 2025年秋(予定)
「(仮称)MCUD・ZIP静岡掛川」周辺地図
「(仮称)MCUD・ZIP静岡掛川」周辺地図